DEVELOPMENT 開発者について

『 J建築システム株式会社 』 ホームページへ
■会社概要■
一級建築士事務所・北海道知事登録(石)第3458号

〒005-0822
住所 :札幌市南区南沢2条3丁目13−30 JASビル
TEL :(011)573−7779
FAX :(011)573−7811

代表取締役 手 塚 純 一
設立 1992年 10月 1日
スタッフ数 15名(外部専属スタッフ含む)
免 許 1992年 10月 一級建築士事務所北海道知事登録(石)第3458号
1993年 2月 建設業許可北海道知事許可(般−7)石狩第13512号
1995年 12月 宅地建物取引業免許北海道知事石狩(2)第6164号
会員 (社)日本建築学会  日本木材学会  木造建築研究フォラム
(社)北海道建築士会  繊維補修補強協会


■沿 革■
平成4年・札幌市中央区南6西22にJ建築システム鰍設立
 構造力学に伴う研究・商品開発、設計業務、技術顧問開始

平成5年・木造合理化システムの開発。コネクター等の特許出願、商品化。
 伊豆のガラス工芸館をはじめ大型建築物の構造設計を手掛ける。
 「耐圧版式グリッドポスト基礎の形成方法」の開発。

平成6年・3階建て構造計算プログラム「サードJ」製作発売。

平成7年・青森県ハウディスクエアなどの大型ショールームの構造計算を手掛ける。
 集成材LVL(キーラム)使用の大型レストランの設計多数。

平成8年・大手商社、建材店等に木造合理化工法の企画、取得協力。
 接合金物によるシステムの開発協力。

平成9年・札幌市南区南沢2条3丁目に事務所購入移転。
 北海学園大学大学院 工学研究科 博士課程入学
 日本建築学会PLEA’97釧路国際会議にて研究発表。

平成10年・健康住宅ガイドブック「ヘルシー&ハウス」を製作、全国発売。
 埼玉県「彩の国 人にやさしいまちづくり賞」大賞を受賞。 

11年・手塚社長が工学博士の各位を取得
 文部省学術フロンティア推進事業(北海学園大学工学部研究所)研究員
 北海道大学大学院共同研究 研究員
 道内外多数の木造住宅合理化システム認定協力
 新繊維を用いた耐震補強工法「JBRA工法」の開発

12年・「JBRA工法」が経済産業局 中小事業団補助事業FSの採択
 品確保の施工・建築基準法の改正に伴い、各企業への指導、講演協力。
 住宅営業用ツール「Jオリジナルデザインスケッチ集」の作成、発売。
 木造住宅合理化システム「クオリティーJ」の認定取得。
 「グリッドポスト工法」が38条建設大臣認定を取得。
 「耐震システムJBRA工法耐震補強シート」の販売。

13年・大手建材店ビジネススクールにて年間を通して講師を務める
 「耐震開口フレーム」が北海道科学技術総合振興センターの補助事業の採択を受ける

14年・「JBRA工法」が経済産業局中小事業団の補助事業R&D5000万の採択
 発明協会「発明奨励賞」(グリッドポスト)
 札幌商工会議所 北の起業家表彰「奨励賞」
 住宅性能表示制度 北海道・統括アドバイザーに手塚社長が任命
 J建築東京事務所開設 顧問先等の支援事業開始
 外部スタッフによるJ商品販売開始

15年・独立行政法人 建築研究所主催「木造住宅の耐震補強工法技術コンペ」
 で耐震開口フレームが
「国土交通大臣賞」