『東海地震』って本当に発生するの?

『東海地震』って、本当に発生するのでしょうか?。
実際、発生するか否かは誰にも分かりません。
しかし、地震観測の技術が進歩している昨今、確実に東海地震発生の時は
近づいていると言われています。
また、過去の地震発生データからも、それは十分に予測されています。

東海地域−地震発生履歴
1498年 (107年) 1605年 (102年) 1707年 (147年) 1854年 (150年) <<2004年>>
(明応) (慶長) (宝永) (安政) (平成)
M 8.4 M 7.9 M 8.4 M 8.4

※上記が示すとおり、過去約500年の地震の記録を見ると、東海地域から南海道にかけて
 約100年から150年間隔で、ほぼ同じ地域で、ほぼ同じ規模の地震が繰り返し起きて
 います。しかし、駿河湾から御前崎沖かけては、1854年(安政元年)の安政東海地震
(マグニチュード・8.4)発生以後、実に約150年も大きな地震が発生していません。
 更に、以下のほかの地域の過去の地震発生履歴をご覧下さい。           .

南海地域−地震発生履歴
1605年 (102年) 1707年 (147年) 1854年 ( 90年) 1944年 (  2年) 1946年 ( 58年) <<2004年>>
(慶長) (宝永) (安政) (昭和) (昭和) (平成)
M 7.9 M 8.4 M 8.4 M 7.9 M 8.0

関東地域−地震発生履歴
1633年 ( 70年) 1703年 ( 79年) 1782年 ( 71年) 1853年  70年) 1923年 ( 81年) <<2004年>>
(寛永) (元禄) (天明) (嘉永) (大正) (平成)
M 7.0 M 8.2 M 7.0 M 6.7

上記の発生サイクルを比較すると、ほぼどの地域でもある程度一定の期間で大きな地震が
 発生している事が分かります。その中で、東海地方だけ近年地震発生のサイクルには達し
 ているが、未発生の地域である事がうかがえます。                .
 もちろん、だからといって必ず地震が発生するとは言えませんが、無視できないデータで
 あると言えるのではないかと思われます。                    .

<<参考>>
静岡県内の推定震度と静岡県第3次地震被害想定

(静岡県発表資料)

静岡県内の推定震度と静岡県第3次地震被害想定

『被害想定』
被害要因 被害区分 予知なし(突発地震) 予知あり
5時 12時 18時
地震動・液状化 大破 131,183棟 131,183棟 131,183棟 131,183棟
中破 292,115棟 292,115棟 292,115棟 292,115棟
一部破損 290,670棟 290,670棟 290,670棟 290,670棟
人口造成地 大破 4,774棟 4,774棟 4,774棟 4,774棟
中破 14,322棟 14,322棟 14,322棟 14,322棟
津波 大破 2,240棟 2,240棟 2,240棟 2,240棟
中破 3,666棟 3,666棟 3,666棟 3,666棟
一部破損 7,429棟 7,429棟 7,429棟 7,429棟
床下浸水 14,955棟 14,955棟 14,955棟 14,955棟
山崖崩れ 大破 3,546棟 3,546棟 3,546棟 3,546棟
中破 8,762棟 8,762棟 8,762棟 8,762棟
延焼火災 焼失 10,665棟 16,551棟 58,402棟 51棟
全体
※被害要因間の
重複を除外
大破 150,330棟 155,489棟 192,450棟 140,801棟
中破 306,845棟 305,329棟 294,846棟 309,174棟
一部破損 289,365棟 288,090棟 279,433棟 291,890棟
床下浸水 7,884棟 7,865棟 6,945棟 7,041棟
合  計 754,424棟 756,773棟 773,674棟 748,906棟
※中破、一部損壊において、「予知あり」の方が「予知なし」より増える理由は、
予知により火の取り扱いに注意することから、「大破」として焼失をまぬがれた
建物が、地震動、津波などの原因によって、「中破」、「一部損壊」等の被害を
受けることになるからです。